24歳になりました

本日、9月17日で24歳になりました。

実感はない、というか、自分が幼い頃に思い描いていた24歳とは随分違うところにきてしまったなあ、ということばかりが頭を過りますが、徐々に体調面もよくなり、ありがたいなあ、と思っております。

幼い頃わたしはなんの影響なのかハードワーカーな美女に憧れており、24歳くらいになったら自分もそうなるのだろうと理想を抱いていたのですが、実際には休学や留年を繰り返しながらまだ大学生をしていて、働くことも得意ではなく、のんびり暮らしています。

京都で一人暮らしをすることも、2年くらい前までは考えられなかったことで、現状の自分は1つも予想通りだったところがないけれど、これはこれで気に入っています。

24年間でたくさんの人と関わったし、仲良くなったり、離れたりしましたが、反省はたくさんあるけれど後悔はあまりないなあ、と思っています。

友達と話しているときに「今の自分が人生で一番好き」という言葉が自然と出て、あー、そう思っていたのか、としみじみしました。

人生で一番太っているし、コロナ禍で外出もできないし、相変わらず人が当たり前にできることをなにひとつうまくできないけれど、今の、おいしいと思うものを食べて、ゆっくりと寝て、友達と話して、前向きにゆっくり動こうとしている自分が一番気に入っています。

24歳の目標としては、もっと本格的に小説を書いて、賞などに積極的に挑んでいきたいなと思っています。あとは、大学にきちんと通って勉強をして卒業すること(これは25歳までの目標にはなりますが)。

24歳になんてなるはずじゃなかったのになー、と笑いながら、でも人生で今が一番楽しいな、という感じなので、これからも一番を更新していきたいです。